風邪予防法

林修の今でしょ!講座で紹介された風邪予防法まとめ

林修の今でしょ!講座で紹介された風邪予防法まとめ 2016年11月29日
2016年11月29日にテレビ朝日の「林修の今でしょ!講座」で最新の風邪の予防法と対処法が紹介されていました。一度咳喘息になった身としては、二度となりたくないのでこういった情報には敏感になります。その中で自分が気になった部分をいくつかまとめてみました。

 

風邪予防のマスクに関する注意点

 

マスクと手洗いをするというのは一般的には知られていますが、マスクの横の部分が空いているとそこから風邪ウイルスが付いたホコリが入ってきてしまうとのことです。

 

風邪やインフルエンザの予防目的じゃない(すっぴんを隠すためとか)のであればどんなマスクでも良いのですが、風邪予防のためだったら隙間が無くなるようなぴったりフィットするマスクにしたいですね。ただ、ぴったりフィットするマスクだと息苦しくなりがちだし、耳が痛くなりがちです。

 

市販されていて手に入りやすいN95という医療用マスクがあるのですが、着用の限界は30分とのことなので一般人が日常的に風邪予防として付けるマスクとしては実用的ではありません。

 

そもそも風邪ウイルスは小さすぎてマスクはあまり意味が無いという話もありますが、ウイルスが多く付着しているホコリは防げるのでした方がマシという所でしょう。

 

風邪ウイルスは37度で死滅する?

 

以前から風邪をひいて熱が出るのはウイルスと戦うためということは分かっていましたが、風邪ウイルスは37度以上になると死滅することがわかったそうです。そのため、低体温よりは37度付近の体温の方が風邪をひきにくくなるとのこと。つまり、筋肉が多い人の方が風邪をひきにくいわけです。

 

体温を上げるためには、まず朝食にご飯を食べるのが良いそうです。パンよりもご飯の方がお腹にたまりやすく、体を温めやすいので、朝食はご飯や湯豆腐を食べるのが良いとのこと。ずっと前にみのもんたの思いっきりテレビで朝起きて水を一杯飲むのが良いと放送されて、水を飲むのが流行りましたが、温かい白湯の方が良いということですね。

 

僕は冷え性で体温が低めなので、冬は腹巻きをして使い捨てカイロを腰やお腹に貼っています。

 

スポンサードリンク

 

コタツで寝ると風邪をひくのは本当か?

 

昔からコタツで寝ると風邪をひくと言われていましたが、それは本当なのだそうです。下半身だけ温まって、上半身が冷えてしまうからとのこと。だとしたら、首までコタツに入るのであれば良いのではないか?と思いましたが、そこには誰もツッコんでいませんでした。

 

医者がやっている風邪予防法

頻繁に風邪の患者さんと接する病院の先生が行っているは、15分〜30分に1回くらいは水やお茶を飲むということだそうです。そうすると、ウイルスが胃に送られて胃酸によってウイルスを死滅させることができるとのこと。ずっとマスクをしているわけにもいきませんし、この水をこまめに飲むというのが一番現実的ですね。

 

まとめ

 

色々と細かい情報も沢山ありましたが

 

  • 15分に1回くらい1口は水を飲む
  • 体温を上げるために、温かい朝食を食べる

 

この2つが重要かつ現実的な風邪の予防法だと思います。風邪の予防をしっかりして咳喘息が再発しないようにしたいです。

 

スポンサードリンク

関連ページ

風邪を早く治す方法
大人になると、風邪をひいて良いことはほとんどありません。早く治す方法を色々と調べて試してみました。
インフルエンザの予防接種
2015年10月にインフルエンザの予防接種を受けてみました。費用や注意点など。
風邪や咳を治す民間療法まとめ
巷のリアルTVで紹介されていた、風邪治療や咳止めの方法をまとめました。
マスクによる風邪の予防の盲点
マスクによる風邪の予防で見落としがちなことがあります。
医者がやっている風邪の予防法
医者がやっている風邪の予防法をちょっとまとめてみました。
あさイチ風邪の予防法まとめ
NHKのあさイチ!で紹介されたスゴ技Q 簡単!効果的!達人に学ぶ かぜ予防法をまとめています。
ビタミンC大量摂取
風邪の予防や治療にビタミンC大量摂取は効果があるのか?
鼻毛と風邪の関係
鼻毛の処理をし過ぎたら風邪をひきやすくなった気がします。