咳 眠れない

咳で眠れない時は、寝ようとせずに起きている

咳で眠れないけど、明日仕事だし眠らないといけない。なんていう時に、眠れないからといって何かをする気にもなりません。かといって、電気を消して横たわって咳をし続けるのも辛いです。そこで、最終的に落ち着いたのが寝ようとしないということです。※もちろん市販の咳止め薬ツボなどは試して全く効果がありませんでした。

 

本の場合には明かりを付けないといけませんが、ラジオの場合は耳から入ってくる情報だけなので、電気を消してラジオだけ付けていました。radikoというアプリを使えばスマートフォンやタブレットでもラジオが聞けます。どうせ眠れないのだから深夜ラジオでも聴いてみようと思って聴いてみるのも良いと思います。radikoはiphoneやipadやアンドロイド携帯で無料でダウンロードできます。

 

最初のうちは朝5時まで咳が止まりませんでした。内科に行ってレントゲンなどを撮ったりして、気管支炎と診断されて薬をもらい、それから3日くらいで朝4時くらいには咳が止まるようになり、次の日は朝3時には咳が止まるというように改善されていきました。その後、別の病院でステロイドの吸入薬を処方されて、だんだん普通に眠れるようになっていきました。

 

朝5時だと既に朝で寝る時間もほとんどないという感じですが、朝3時に眠ることができれば朝8時までだったら5時間は眠ることができます。咳で眠れなくなって改めて睡眠の重要性を実感しました。あと、風邪で寝ていると運動不足になってしまいます。咳の少ない昼間はある程度ウォーキングなどをして体を疲れさせた方が夜眠りやすくなると思いました。コップに水を入れておいて枕元に置いておくと、倒してしまう可能性が高いので、ペットボトルのふたをしっかり締めて、手の届くところに置いておきました。

 

スポンサードリンク

関連ページ

飴をなめ続けたら
咳が出にくくなると思って飴をなめ続けたら大変なことに...
咳を止めるツボ
咳が止まらないので夜眠れず、とりあえずツボを押してみましたが、まったく効果がありませんでした。
空気清浄機のフィルターの掃除
意外と見逃しがちなのが、空気清浄機のフィルターです。咳の原因となるホコリやカビをまき散らしているかもしれません。
喉と胸に湿布で咳止め
咳が止まらず、肋骨のあたりがずっと筋肉痛になってしまい、その痛みを和らげるために湿布を買いました。
エアコン用スプレー
エアコンから出てくる空気にもしかしたらカビが含まれているかも!?と思って、スプレーを使ってみました。
スチーム加湿器で風邪と咳を防ぐ
咳喘息になってから、冬は加湿器を意識して使うようになりました。