食事

咳が止まらない時の食べ方

咳喘息時の食事
咳が止まらない時に困る時の一つが食事の時です。一人暮らしで部屋で一人で食べるのであれば特に迷惑をかけませんが、外食で他のお客さんがいたりすると、迷惑をかけてしまいます。自分が咳をしていない時に外食をしていると、近くの人がずっと咳をしていたら風邪が移りそうだしなんか嫌ですもんね。そんなわけで、飲食店などの場合には手やおしぼりで口を抑えて小さく咳をするようにします。大きく咳をするときはのどに負担がかかりますが、小さく咳をしようとすると腹筋に大きな負担がかかります。

 

そして、また困るのが口の中に食べ物がある時の咳です。口の中にご飯が入っている状態で咳をしたくなって、米粒をまき散らしてしまったことが何回かあります。幸い、外食時ではなく家の中で食べていた時なので良かったのですが、米粒を吐き出してしまうと掃除がちょっと面倒です。同じように、歯磨き中に咳をしたくなった時も危ないです。洗面台で歯を磨いている時はすぐ吐き出せば良いのですが、洗面所から離れてテレビを見ながら歯を磨いている時に咳をしたくなった時も、口の中の泡をまき散らしてしまいそうになります。

 

スポンサードリンク

 

そこで考えたのが、口に食べ物が入っている時には鼻から咳を逃がす方法です。言葉で説明するのは難しいのですが、口で咳をするのではなく、鼻で咳をするのです。口から咳をするよりも鼻から咳をする方が音も小さくなるので良いのですが、やりすぎて鼻血が出たことがあるので、あまりしないようにしています。

 

風邪薬を使わずに咳をしないようにするには、ミネラルウォーターをものすごくちょっとずつ飲むというのが有効でした。普通に飲んでしまうとトイレにすぐに行きたくなってしまうので、ちびちび飲むというか、文字通りのどを潤す目的でちょっとずつ飲みます。ストロー1本分くらいの分量の水でものどの乾燥を防げます。なるべく水を持ち歩くようにすると、咳こんでしまうことを防げたと思います。眠れないくらい咳が出る時にはどうしようもないので、体力回復のためにもホクナリンテープなどに頼るのも一時的んは良いと思います。

 

スポンサードリンク