止まらない咳

止まらない咳の辛さ

止まらない咳は日常生活に支障が出ます。病気の症状としてはそれほど深刻な症状だとは思われませんが、日常生活では咳が出るのはかなり辛いです。

 

たとえば、黙っていれば咳が出なくても、人と話していると喉が刺激されて咳が連続で出てきます。電話なんかでもそうですが、咳で話が中断されてしまいます。

 

人前で咳をしていると、何か文句を訴えたくて咳払いをしていると思われてしまうこともありますし、飲食店では咳をしている人がいると食べている人は気持ちよくは無いでしょう。

 

咳の辛さを今まで舐めていたと思いました。連続で5回咳が出るようになってくると、何にも集中できなくなります。もうすぐ咳が出るっていう時は分かるので、そこから咳をこらえようとしたりしてしまうので、ほとんど咳ばっかりに意識が集中してしまいます。

 

そして、だんだん咳が出なくなってきた!と喜んでいても、たまに急に喉が乾燥している感じがして、喉のイガイガ感が出てきて、その後涙が出るくらい咳が連続で出るようになりました。

 

腹筋やわき腹や肋骨のあたりも筋肉痛で痛くなりますし、食べ物を食べている途中で咳の発作が始まると、食べ物を吐き出してまき散らしてしまいます。そして、夜眠れないという苦痛を味わうことになります。

止まらない咳に関する基礎知識記事一覧

「あのニュースで得する人損する人」という番組で最近では若い人の肺炎が増えているという特集をやっていました。肺炎と風邪の初期症状、発熱、だるさなどは同じなので、風邪だと思っていたら肺炎だったということがよくあります。肺炎の場合、発症してから一週間で死んでしまう場合もあるので、早めに診断を受ける必要があります。肺炎を見抜くポイントは3つあるそうです。1. 食欲が落ちないTKOの木本さんは、ある日寒気と...

咳はほとんど出なくなりましたが、まだ吸入薬は使っています。そして、五日間ほど海外旅行に行くことになりました。ハワイは喘息に良いという話を聞いたのもあります。一応キュバールを持って行った方が良いかなと思いましたが、飛行機に乗る時に没収されないか不安です。ブログで検索してみると、喘息の吸入薬を没収された人もいるみたいです。一応、成田空港のセキュリティーガイドには、医薬品で飛行機の中で使う分は持ちこんで...

市販の咳止めも、内科で処方された薬も全く効かず、咳が止まらずに苦しい思いをしている所、やっと効果が出た薬がありました。それが耳鼻科で処方してもらったホクナリンテープというシール状の薬です。皮膚から薬が吸収されて気管支を広げるということなんですが、こんなの効くのかなと思っていました。でも、実際はホクナリンテープが一番咳止めの効果がありました。夜の10時くらいにホクナリンテープを胸に貼って、1時くらい...

咳が出やすくなる時には、色々と共通点があります。僕の場合には特に煙状のものが咳の原因になることが多いようです。誰かが近くでタバコに火を着けた時線香の煙に近づいた時などです。早足で歩いた時なんかも咳をしやすくなります。運動や温度の差なんかでも咳が出やすくなるみたいなので、色々と大変です。タバコは元々臭いが嫌いなので喫煙可能なお店には入らないようにしていましたが、一緒にいる人が喫煙者の場合には、嫌だけ...

バナナマンの日村さんが2013年9月10日に緊急入院したというニュースがありました。バナナマンのTBSラジオ「バナナムーンゴールド」で、設楽さんが日村さんの入院の経緯を話していました。バナナマンの日村さんの咳が9月1日近くの夏休み明けから止まらなくなり、ラジオの収録中も咳をし続けていました。元々日村さんは喘息持ちということで、病院に行って薬をもらっていたけれど、手の先と足が痺れるけれど、咳が止まら...

咳喘息で意識に反して出てくる咳がずっと続くととても辛いです。ずっと咳が出続けると喉の奥が刺激されて吐きそうになってしまいます。会話をすると咳が止まらなくなりますし、一度咳が出ると、連続して10回くらい咳をして最後まで出しきってしまわないといけない。本当か分かりませんが、咳をすると一回2キロカロリー消費されるようです。10分間で少なくとも10回は出ているから、1時間で120キロカロリー。これはご飯お...

咳が止まらない場合、咳喘息や百日咳などの可能性もありますが、逆流性食道炎が咳の原因となることがあります。普通に生活している場合、逆流性食道炎が咳の原因になるとは知らないので、原因を特定できずに風邪だと思い込んでしまい治らないので、一応知っておいた方が良いでしょう。逆流性食道炎は、漢字からもわかるように、胃酸が食道に逆流して炎症を起こす病気です。一般的にはげっぷや胸焼けや呑酸(どんさん)などが逆流性...

咳喘息が治って(?)から2年以上経ちました。今でも、風邪をひいて咳がでると、咳喘息が戻ってしまうのか?とちょっと不安になります。そして、毎年3月か4月になると、風邪ではなくても咳が出やすいような気がします。周りの人ほどひどくありませんが、花粉症の症状として鼻水がちょっと出るのと、目がかゆくなるので、花粉がどれくらい飛んでいるかは体感的に分かります。そして、花粉が多い日に外を歩いていると、咳が出やす...

僕の場合には、夏に咳喘息になりました。咳が止まらない症状がある病気として、他に最近話題になっているのが夏型過敏性肺炎です。夏型過敏性肺炎の原因としては、カビ(特にトリコスポロン・アサヒ)を吸い込むことによって発症します。梅雨の時期に湿気が多くなりカビが繁殖し、その増えたカビを吸入することによって症状が出るので、夏に多くなりがちです。6月以降に増えるので夏型過敏性肺炎と呼ばれています。真菌のトリコス...

咳喘息以外の病気で咳が止まらない症状があるものに、逆流性食道炎があります。筧利夫さんが出演するテレビCMによる啓発活動も行われていたので、病名は聞いたことがある人も多いと思います。逆流性食道炎というと、胃液が喉の近くまで上がってきてしまうものですから、一般的な症状としては胸焼けや胸の痛みが多くなりますので、咳と逆流性食道炎を結びつける人は少ないでしょう。逆流性食道炎は、「下部食道括約筋」という食べ...

咳喘息の治療をして咳が止まっても、何かのきっかけで咳が出るようになることがあります。たとえば、春だと花粉が咳の原因になります。花粉症の症状というと、鼻水や目の痒みが一般的ですが、咳が出ることもあります。特に、風邪をひいている時と花粉が多い時期が重なると咳が出ます。また咳喘息になったら怖い!と思ってしまいます。1ヶ月間くらい夜に眠れないのは本当に辛かったですから。あとは、砂埃が多い地域やタバコの煙と...

NHK Eテレ「きょうの健康」で最近患者数が増えているという肺MAC症(はいまっっくしょう)についてやっていたのでまとめました。音だけ聞いた時は「はいまくしょう」と聞こえたので「肺膜症」という病気だと思っていたのですが、非結核性抗酸菌症の一つ肺MAC症なんですね。MAC菌が気管支を破壊して気管支を拡張していくそうです。最近、40歳以上の女性を中心に患者が増えているようです。水中、ぬめり、湯垢、土の...

タバコの煙には化学物質が4000種類程度含まれるというのはよく知られていると思います。喫煙者の車に乗ったり、タバコの吸い殻が残っている灰皿に近づくと喉のあたりが痒くなります。咳喘息などの気管支のアレルギーがある人にとっては副流煙(二次喫煙)以外にも、三次喫煙もかなり辛いということはまだ理解されていないです。ただ、2020年の東京オリンピックも近づき、飲食店の全面禁煙化がされたら楽になりますし(全面...

寒暖差アレルギーは、エアコンが効いている室内と屋外の差でくしゃみや咳が出る夏に多く見られます。それ以外にも冬から春になる季節の変わり目も寒暖差アレルギーが出やすいです。4月5月は朝晩の気温差が激しいです。日中は15度くらいまで上がっても、朝と夜は寒かったりして服の調節が難しいところです。更に、花粉症も合わさってくると、マスクをしていて顔は暑い。外は寒かったから上着を着て出て歩いていたら、マスクもし...