肺炎

咳が止まらない症状で一番危険なのは肺炎

「あのニュースで得する人損する人」という番組で最近では若い人の肺炎が増えているという特集をやっていました。肺炎と風邪の初期症状、発熱、だるさなどは同じなので、風邪だと思っていたら肺炎だったということがよくあります。肺炎の場合、発症してから一週間で死んでしまう場合もあるので、早めに診断を受ける必要があります。

 

肺炎を見抜くポイントは3つあるそうです。

 

1. 食欲が落ちない

 

TKOの木本さんは、ある日寒気と咳の症状が出て、熱もあったため、風邪だと自己判断して三日間休んでいたそうです。高熱でも1日3度の食事をしていたらしく、強いだるさが来ず、食欲が落ちないというのが肺炎と風邪を分けるポイントなのだそうです。

 

2. ちょっと運動すると息があがる

 

肺炎になると、酸素を取り入れにくくなるので、風邪の時よりも息が上がりやすくなるとのことです。そして、肺炎の場合には喉の痛みや鼻水などがありません。

 

3. 呼吸しにくい

 

木本さんがかかったのは急性好酸球肺炎という名前の病気で、急性好酸球性肺炎というのはアレルギー性で、原因となる物質が肺に入ることによって起こるようです。その原因というのは、喫煙で、8年前に止めたタバコを発症の2週間前から吸い始めたからだそうです。他にも、工事の粉塵やカビを吸い込むことも肺炎の原因となるそうです。木本さんが肺炎に気付けたのは、自分が取っていた行動が規則的だったため、違和感を感じることができたとのことです。たとえば、食事は普段と同じように食べていたとか。肺炎は胸部レントゲン写真で分かる場合が多いので、風邪かと思っても内科で調べてもらうのが良いです。

 

スポンサードリンク

関連ページ

吸入薬の飛行機持ち込み
ガスが入っている吸入ステロイド薬(吸入薬)は飛行機に乗る時にどうすれば良いか?
ホクナリンテープの効果と副作用
咳止めとして、内服薬が効かなかったので、ホクナリンテープを処方してもらいました。祖の結果...
タバコ
タバコの煙、灰皿などに近づくと咳が出やすくなるので、避けた方が良いです。
芸能人と喘息
咳が止まらなくなるのは、芸能人でもよくあることのようです。喘息持ちの芸能人もけっこういるようです。
咳の消費カロリー
咳のしすぎはカロリーを消費し、体を消耗させます。
逆流性食道炎
一般的に関係ないと思われる、逆流性食道炎が慢性的な咳の原因となることがあります。
花粉で咳が出る?
咳喘息が収まってから2年以上経ちました。
夏型過敏性肺炎
咳が止まらない病気の一つとして、夏型過敏性肺炎があります。その原因はカビ
逆流性食道炎
逆流性食道炎の症状にも、咳があります。咳喘息と見分けにくいので注意が必要です。
一度咳喘息になったら治っても注意
咳喘息が治ったと思っても、日常生活で注意することが色々とあります。
肺MAC症
最近増えている肺MAC症について。
線香の煙が辛い
タバコ以外にも線香の煙に近づくと喉がかゆいし咳が止まらない
寒暖差アレルギーと花粉が辛い
季節の変わり目は咳が出やすいので困ります。